So-net無料ブログ作成
検索選択

浦和学院 優勝 45年ぶり!! [野球]

スポンサーリンク




浦和学院 優勝 45年
浦和学院 優勝 45年

浦和学院 優勝 45年ぶり!!

浦和学院が初の全国制覇を成し遂げました

*以下引用*

【第85回選抜高校野球大会最終日は3日、兵庫県西宮市の甲子園球場で、


3万人の観衆を集めて決勝を行い、浦和学院が済美(愛媛)に17―1で大勝し、


春夏を通じて初優勝を飾った。県勢の優勝は1968年、第40回大会の大宮工以来、45年ぶり2度目。



 3年連続9度目の出場だった浦和学院は、打線が爆発し


18安打17得点。投げては左腕エース小島が8安打を許しながらも要所を締め、1失点完投した。



 序盤は済美にペースを握られた。二回、2死二塁からタイムリーを許し1点を先制され、


打線は今大会ナンバーワン右腕の済美のエース安楽に四回まで無得点に抑えられた。



 しかし、五回に自慢の強力打線が目覚めた。先頭の斎藤が右前打、


続く西川の中越え二塁打で無死二、三塁とすると、


小島が左前タイムリーを放ち3連打で同点に追い付いた。その後2死満塁から、


主将の山根が2点中前適時打を放って逆転。ここから高田、木暮の連続二塁打と斎藤、


西川の連打など、この回打者12人の猛攻で8安打7得点し、試合を決めた。


八回にも3番手の投手から大量点を挙げた。



 5試合連続の先発となった2年生エース小島は立ち上がりからピンチの連続だったが


粘りの投球で打線の爆発を呼び込み、2試合連続の完投勝利。尻上がりに本来の制球力が復活した。



 県勢は大宮工が全国制覇を果たした後、1993年に大宮東、


2008年には聖望学園が決勝進出したが、いずれもはね返された。


浦和学院は史上初の関東大会3連覇の看板を掲げ、


3回戦から4試合連続2桁安打、2桁得点も3試合と、


「東の横綱」の名にたがわぬ戦いぶりで紫紺の優勝旗を手にした。】


浦和学院、21年ぶり4強 初決勝懸け2日敦賀気比戦/センバツ
http://www.saitama-np.co.jp/news04/01/01.html

浦和学院、2年連続8強 山形中央に11-1
http://www.saitama-np.co.jp/news03/30/01.html

花咲徳栄、初戦敗退 浦和学院は29日山形中央戦/センバツ
http://www.saitama-np.co.jp/news03/28/02.html


スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
債務整理手数料

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。